密かにしている人が多い人気の美容整形

痛みや腫れが少なく、たった10分~20分ほどの施術時間で二重になれる整形が埋没法です。二重の整形手術にはメスを入れる切開法というのもありますが、メスを入れないのが埋没法の特徴です。メスを入れる切開法の二重手術よりも少ない精神的&肉体的な負担で一重を二重にできるので、銀座のクリニックでも多くの人がひそかに埋没法を行っています。

埋没法の施術には沢山の種類がある

埋没法の施術方法は、銀座でも美容外科&皮膚科クリニックによって異なります。ただの埋没法の場合もあれば、一点法や二点法、またはスタンダードやプレミアムなどの中から好きな施術を選べるようになっている場合もあります。整形で自然かつ自分の理想的な二重まぶたになるためには、施術内容をよく理解して、自分にあった施術をしてくれるクリニックを選ぶことが大切です。埋没法では髪の毛よりも細い糸をまぶたの中に通してからめ、目を開けたときにラインができるように何か所か結びますが、その結び目の数が重要です。結び目が一か所だと一点法または一点留めなどと言います。二か所だと二点法や二点留めです。三点法や四点法などもあります。基本的に結び目が少ないほど元の状態に戻りやすく、結び目が多いほど元に戻りにくいです。

一点法は結び目が一か所だけの埋没法なので、その結び目がほどけたり切れたりすると、二重のラインが薄くなります。一点法はもともと二重まぶたが形成されていて、さらにひだを深く埋め込みたいケースに最適です。腫れぼったい一重の人が一点法をすると糸が取れるリスクが高くなります。そのため、ほとんどのクリニックで2点法以上の埋没法を推奨しています。まぶたが腫れぼったく脂肪が多い人には2点法以上の埋没法がお勧めです。複数結び目を作れば、仮に1か所の結び目がほどけたとしても他の結び目があるので元に戻ることはないです。4か所も結び目を作って、4か所すべてほどけるのはごく稀です。結び目を増やすほど一重に戻るリスクが低くなり、持続力が強まります。

自分にとって最適な施術を選ぶこと

銀座の美容外科クリニックで埋没法をするなら、どんな種類の施術なのか事前にしっかりと聞いておくことが大切です。また、カウンセリングの結果によっては埋没法ができないこともあります。あまりにもまぶたの脂肪量が多いと、糸で結ぶことができないからです。それでもどうしてもメスを入れたくないなら、他のクリニックにも足を運んで相談してみることです。何か所かのクリニックに行って相談すれば、埋没法をしてくれる所が見つかる可能性があります。