親しみを持ちながら治療に専念する

患者との関係性を重視しなければ、美容整形をしても意味がありません。銀座の美容整形外科は、日本人の他にも多種多様な患者が訪問をするので、親しみを込めながら接しています。カウンセリングは完全予約制になっているので、事前に申し込まなければ、最新の治療を受けることはできません。カウンセリングでは、患者のライフスタイルや仕事の情報を聞いてからプランを組み立てていきます。予算なども視野に入れて総合的な判断をして、美容医療に携わっているので信頼性があります。

治療に必要な根拠を明確に説明する

美容医療は安全面が大切です。治療をする前は、必要な根拠を分かりやすく説明するので、意味のない施術を相手に強要することは決してありません。スタッフの技術力も非常に高く、院長は専門医として大学病院に勤務していたということもあり、治療困難な患者と接してきました。また、美容に関することは、人と人とが連携をして施術を進めていくので、医師と看護師も常に連絡を取り合いながら患者が抱えている問題に対して丁寧に受け答えをしています。


目の周りの施術はセンスが求められる

プチ整形をするとなると、細かい作業が続くので、手術に必要な針や糸の質にもこだわっています。銀座の美容整形外科では、プチ整形だけに限らず、本格的な切る施術に力を入れています。目の周りの手術は、1000例以上もありますし、医師だけしか担当していません。問題が発生したら、他の保険医療機関や大学医院と連携をして、確実な治療を提供しているので、質問があれば医療機関に相談をして事前にトラブルが起こらないようにしましょう。

まぶたの若返りをして老化を防ぐ

老化が進むと肌がたるんでしまって、更に肌質が悪化してしまう可能性があります。銀座のクリニックで、まぶたの若返りをすると、目だけではなく顔全体の印象が大きく変わるので、自分自身に合ったプランを取り入れるようにしましょう。上まぶたのたるみを除去すれば、第一印象が更に明るくなりますし、目が開きやすくなるので、不快感もなく日常生活に影響が出るようなこともありません。下まぶたがたるんでいると、年齢以上に老けて見られてしまうので、注意をしながら施術を受けてください。まぶたのくぼみを脂肪注入するときは、肌にダメージが発生しないように注射を打ちます。脂肪を注入することで、目元が優しくなったり、顔つきが若々しくなるので、様々な方法をアドバイスしてもらってから、脂肪を入れるようにしましょう。施術は短時間で終了するので、ダウンタイムもほとんどありません。